帰って来たレオパ君【長生きさせたい奮闘記3日目】

ディスカス飼育

水合わせは成功…?!

帰ってきたレオパ君、購入後3日目。

導入水槽を引きずり出しまして、個室水槽へと入室。

とりあえずは元気な様子!

水合わせの合う合わないは置いておいて、ディスカスは調子悪かったりするとタテの縞々を出します。

水槽の隅っこで色が黒ズミ、ヒレをたたんでタテ縞を出しているのは調子の悪い証拠ですが、まったくそういった気配は見せずに3日経ったところの今は調子が良い様子。

ちなみに、買ってすぐ(3時間ぐらい)に袋から出して水合わせしたからなのか、水槽に投入した後に尾びれの縁が白っぽく溶けていないのは、水合わせ成功の証かもしれません。

通販などでは袋に梱包されて自宅に届くまでは1日以上は余裕で経つと思います。お店が注文を受けて袋に入れて、発砲スチロールの箱に入れられ真っ暗状態で1日以上配送ルートをめぐるわけです。

移動距離が長いほどディスカスも弱っていくわけですが、その時間は少なければ少ないほど良いのは当たり前。

その時間に比例するほどストレスもマッハで感じるのは人間だって同じなのですが、今回はそうした時間が短かったり、もともと元気な子だったのかもしれません。

経験上、通販などの時間がかかってしまう(これは仕方ないわけですが)ディスカスを水合わせ後に水槽に投入すると、ほぼ間違いなくヒレ、とくに尻尾の尾びれの周りが白っぽくなって少し溶けていくような状態が当たり前でした。

この辺りが導入後には薬品を入れた方が良いという理由になるのかもしれません。

ですが今回はそういった事がなかったし、なかったのは内心意外な印象です。

とりあえずは元気に泳ぎ回っているので1週間ぐらいはこれで様子を観ようかと思います。

円盤書家

円盤書家

ディスカス大好きな書道をやる人。通算飼育歴7年のうち学生時代に3年、20年近くぶりにディスカス飼育を再開して4年になります。再開した今のディスカス業界の衰退はツラいものがありますが…盛り上げの一助となるべくブログを開設。ディスカスについて思う事をいろいろと書いていきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP