私のディスカス飼育設備について【2023年】

ディスカス飼育

飼育設備のご紹介

ディスカス飼育や嫌になったわけでも辞めたわけでもないですが、2022年は飼育装備の記事を作っていないようでした…

というわけで2023年時点の飼育装備のご紹介です。
意外とみなさん、私のいろんな意味で拙いこの記事をご覧になっていただいているのは本当にありがたいです。
少しでもディスカス業界の役に立っていれば…と思います。

過去記事はこちら

自分の過去記事ですが、懐かしさとか☆になってしまったディスカスとか、いろいろと思い出が蘇ります。

2023年現在の飼育装備はこちら。

大分コンパクトになってしまい、60cm×45cm×45cmに5匹のディスカスを泳がせているこの水槽のみです。

【水槽】ADA製60cm×45cm×45cm

【ライト】寿工芸 フラットLED WP600

【ヒーター】ニッソー シーパレックス300 NEO

 ニッソープロテクトヒーター R-300W

(※ヒーターは分離型の方をおススメします。買う時に高くついたとしてもヒーター部分が壊れた場合(結構故障します)結果的に安くなります。)

【フィルター】スポンジフィルター エルエスエス(LSS) LSSスポンジフィルター LS-60S

(※スポンジフィルターには必ず透明パイプも付けるのをおススメします。通水性がかなり違ってきますし目詰まり防止にもなります。)

【エアーポンプ】水作 水心 SSPP-3S エアポンプ ・ スドー デラックスチューブ 白

(エアーポンプはいろいろと試しましたが、水心のSS3Pのこの機種が一番静かです。(水槽の近くで寝ていても支障のない音量です。)エアーチューブは私が学生時代の頃からディスカスのデザインが変わらない普遍のコレがおススメです。)

ナナメからだとこんな感じ。

新しい子たちが2匹いて、5匹を一緒にするとケンカが大分やばい感じです。すぐにタテ縞を出して隅っこにいってしまってエサを喰えなくなってしまいます。

なので仕切りまくってしまって、なんだかベタ水槽みたい。

わりと最近までは120cm×H60cm×45cmで飼っていたのですが、いろんな事情により今のコンパクトな状態になりました。

やっぱり狭そう…とは感じるものの、メンテはしやすさはピカ一だと思いますし、現在は2~3日に1回は全水換えをして新しい子の調子が良い感じなのでしばらくはコレでやってみようと思っています。

蓋の変わりに使っているのは100均の壁掛けのものを使っています。軽くてガラスと違い割れたりしないのでなかなか良いです。

メイン水槽のすぐ裏(隣)にくっついて同じサイズの溜め水用水槽をセットしています。今は夏の時期ですが、水温が30度越えとかめっちゃヤバい感じなので、しばらく水を回して水温調整を兼ねてやってます。

ちなみに、水質調整は浄水器でカルキを抜くぐらいで何もやっていません。

最初の水合わせさえしっかりやってしまえばディスカスは慣れてくれる感じで、水質耐性の幅はかなりあるのではと思います。

そういう意味ではディスカスという魚なかなり強い魚といえるかもしれません。

2023年夏の現在ではこういった装備&方針で飼育しています。最近ディスカス飼育について悟った?ような部分があるのでまた別記事で書こうと思います。

別記事書きました!こちらからぜひご覧ください。

円盤書家

円盤書家

ディスカス大好きな書道をやる人。通算飼育歴7年のうち学生時代に3年、20年近くぶりにディスカス飼育を再開して4年になります。再開した今のディスカス業界の衰退はツラいものがありますが…盛り上げの一助となるべくブログを開設。ディスカスについて思う事をいろいろと書いていきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP